なんて喘いでいるかわからない(TT)そんな時の電話エッチのナマリ喘ぎ声特集!地方の方言を理解して楽しくエッチしよう!

ナマリ喘ぎ声の特集です。
どうせテレフォンセックスやるなら・・・・と、遠方地方の女の子に電話。

 

ナマリすぎていて会話にならない・・・・。

 

 

訛りすぎ電話エッチ

 

ならば電話エッチを!

 

 

うむ、なんて喘いでいるか解らない(TT)

 

 

こんな事って本当にあるのでしょうか?

 

地方なまり喘ぎ声について
アエギ出しちゃえば何言ってるか解らない・・・とか、会話じゃないから困ることはありませんよね。

 

それに、全国を通して言える事ですが、喘ぎ声はエッチの最中に余程しゃべる女性じゃない限りそれほど方言は出ません。でもあえて言葉攻めのテクニックで相手の女性に気持ちよさを言葉に出させるという事を行えばちょっと楽しいエッチが満喫できちゃいます。

普通の会話での方言
イマドキ若い人は方言を使わない?なんて思っている人はいませんか?

 

地方では若い人でも方言バリバリだったりします。もちろん共通語を話せる人もいますが、それでもふとした事で地元ナマリが出たりします。会話が出来なくてビックリ!
いなかっぺだいちゃん「ワカラナイ!」
なんて事がないようにここで、少し免疫をつけておきましょう!

 

ここでは地域別の方言について簡単に解説しています。

 

地方別~方言喘ぎ声

 

北海道

『わや、ヤバイ!なんまきもちいいいい!』
翻訳:無理、ヤバイ!すっごく気持ちいいい!

 

北海道はその大きさからナマリの度合いも地域によって異なります。特に沿岸部では東北弁に似た強烈な方言のあえぎ声が存在します!
北海道の方言解説

 

東北地方

『やんかぁ、やめで、やめでけれった』
翻訳:やだぁ~、やめて、やめてってば

 

東北は特にナマリが強く、会話をするのが困難な場合もあります。若い人でも結構聞き取りがしんどい方言を話す場合もあります。詳細は各地域のページで。
青森県の方言解説
秋田県の方言解説
岩手県の方言解説
山形県の方言解説
宮城県の方言解説
福島県の方言解説

 

関東地方

『やばい!イキそう!あぁ、イっちゃう!イっちゃう~!』
翻訳:やばい!イキそう!あぁ、イっちゃう!イっちゃう~!

 

関東地方は共通語の総本山。ナマリなんてない?と思ったら、ちょっとナマリのある地域もありました。
栃木県の方言解説
茨城県の方言解説
群馬県の方言解説

 

中部地方

『バックから、えべ!こぴっと突いてくんりょ!!』
翻訳:バックから早く!しっかり突いてください!!

 

例は山梨方面のなまり。中部地方は縦長いので、新潟北部のみ東北なまりが強く、他は関東、近畿方言など中部方言を一緒くたにするのは難しい地方。各県ごとに方言を見ていったほうが良いと思います。
山梨県の方言解説

 

中国地方

『ぶち きもちえええ!』
翻訳:めちゃくちゃ気持ちいい!

 

中国地方では言葉自体のアクセントは共通語に近いものがあります。山陽と山陰でかなり方言に違いがあり、はだしのゲンの「なんとかじゃ!」は山陽。
広島県の方言解説

 

九州地方

『そげんしたら、イクと~!あぁ、イッとるイッとるぅぅう』
翻訳:そんなにしたらイクよ~!!あぁ、イッてるイッてるぅぅう

 

共通語と同じアクセントで聞きやすいのは北東部のみ。九州弁では「と」と「よ」により、現在・過去の時間軸表現がされるのが特徴。
福岡県の方言解説
佐賀県の方言解説
長崎県の方言解説
鹿児島県の方言解説

 

沖縄

『うり!ふぐいまぎー!よんなぁ!よんなぁ~!』
翻訳:きゃっ!ちんちん大きすぎー!ゆっくり!ゆっくり~!

 

共通語とはほぼ別の言語と考えたほうが良い沖縄弁こと、琉球語。独特の母音に加えて地域によって母音数にも違いがあるらしくて、、学者の間でも琉球語を日本語とするかどうか、難しいところらしいです。
沖縄の方言解説

 

 

参考になったでしょうか?
本気で地方を攻めたくなったらGoo全国方言辞典から、わからない言葉単位で検索できますので、電話エッチに活用してみてはどうでしょう♪